お問い合わせ 1分で完了します

宿泊施設
サービスロボット

近年、宿泊施設での
サービスロボット導入が
活発化。

人手不足の深刻化により、一人のスタッフがマルチタスクをこなす必要の出てきた宿泊施設。それらの課題を解決するために自動化システムの導入が加速しており、そのツールの一つとしてサービスロボットが注目されています。
ホテルは多くの場合、床が平坦で広いため、ロボットが導入しやすい環境だといえます。
また、エレベーターと連携したルームサービスやお客様のご案内など、配膳以外にも多様なシーンでの活躍が期待されています。

こんな課題、ありませんか?

  • 人手不足
    • 長期休みが取りにくい
    • 労働時間が不規則なことも多く離職率が高い
    • 広いフロアの行き来が多く、スタッフの身体的な負担が重い
  • サービス向上
    • 1人のスタッフにマルチタスクが求められており、重要な仕事に時間を割けない
    • 来客時のご案内に手が回っていない
  • 感染対策
    • 館内全体の除菌作業の徹底など、よりいっそう衛生面を重視しなければならない
    • 対面接客を不安視する声があり、施設全体で非接触化・IT化を進めなければならない

サービスロボットなら、
こんなことができます。

01
パブリックスペースの清掃

客室や廊下などの清掃に重点的に人員を割く分、ロビーやその他のパブリックスペースを清掃しきれていないという声も。清掃ロボットを導入することで、人を雇うよりも低コストで広大な範囲を清掃できます。清掃ロボットが代わりに清掃をしてくれるため、スタッフは休憩に入ったり、本来作べき業務に集中できるでしょう。

02
ビュッフェ、レストラン、宴会場の配膳・下げ膳

重い・大きい・熱い料理の配膳をロボットが担うことでスタッフの身体的負担軽減につながります。ホテルは敷地が広く、調理場からテーブルまでの距離が遠いことが多いので、ロボットとの相性も抜群。ビュッフェは下げ膳での活用がオススメです。

03
遅い時間の運搬作業

労働時間が不規則なことも多いホテル業界。身体的な負荷も大きい遅い時間の運搬作業にロボットの力を借りることで、スタッフの負担軽減につながります。
また、必要人員が少なくなり、スタッフは休憩に入ったり、本来割くべき業務に集中できるでしょう。

04
ルームサービスの提供

ロボットがエレベーターと連携して、自動的に部屋まで配送し、決められた場所まで戻ってきます。非接触でルームサービスが実現できるとともに、お客様のプライバシー保護の観点からも評価されています。

宿泊施設向け ロボット導入時の
チェックポイント

清掃ロボット

配膳ロボット

RECOMMEND

宿泊施設向け おすすめ製品のご案内

CASE 01

ビュッフェ・宴会場の下げ膳など
一度で大量に運びたいリゾートホテル

CASE 02

感染対策・衛生面を重視したいシティホテル

CASE 03

高級感が大事で景観を崩さないことを重視するシティホテル

CASE 04

省人化が進み機動性の高さを重視するビジネスホテル

ロボットに任せて時間を捻出できる…!
業務用清掃ロボットおすすめ!

よくあるご質問

ホテルでサービスロボットはどのように活用されているのでしょうか?

ホテル内レストラン・料亭での配膳・下げ膳・運搬、ホテル内の運搬・案内などに活用されています。ホテルは床が平坦で敷地が広いことが多いため、ロボットとの相性が抜群です。

ロボットのルームサービス機能とはどのような機能でしょうか?

ロボットとエレベーターを連携させて、客室までのルームサービスをロボットが担うことができます。客室まで配送したロボットは、指定された箇所まで自動で戻ってきます。ルームサービスを非接触で実現でき、お客様のプライバシーを守るという点で注目されています。

ホテル・宿泊施設で導入が多いのはどの機種でしょうか?

T5、W3、BellaBotの3機種が人気です。ホテル・宿泊施設では配膳や下げ膳・運搬など使用用途が幅広く、一回の移動でどれだけ多くの量を運べるかが重要なポイントです。その点において、積載量の多いT5、BellaBotは相性が良いといえます。特に、ファミリー層が多い宿泊施設はBellaBot、ハイエンドで高級感のある宿泊施設はT5がお勧めです。W3はエレベーターと連携し、客室デリバリー、ウェルカムフルーツやルームサービスの提供、リネンの配送が可能です。

CONTACT

お客様のお悩みを無料相談でお聞かせください。
最適なプランニングをご提案します。