お問い合わせ 1分で完了します

医療機関
サービスロボット

近年、医療機関での
サービスロボット導入が
活発化。

衛生管理が特に重視される医療機関では、サービスロボットが注目され始めています。特にコロナウイルスの影響は大きく、増える患者数に対して、スタッフの負担を軽減すること、回転率を向上させること、より徹底した衛生管理を行うことが求められています。サービスロボットはこれらの医療業界が直面している課題を解決する策の一つとして期待されています。

こんな課題、ありませんか?

  • スタッフの
    身体的負担
    • カルテや治療器具の運搬で1日に院内を何回も往復する必要がある
    • 患者さんの数が増えているのに必要な人材が足りず、一人一人の負担が重い
  • 効率向上
    • 効率UPが課題で、次の診療の準備・ご案内や会計の待ち時間が長くなってしまっている
    • 誰でもできる運搬業務に時間を取られていてもどかしい
  • 衛生管理の徹底
    • 防護服着用が必要な病棟への清掃作業が身体的・精神的に大きな負担となっている
    • 配膳一つとっても衛生管理を徹底する必要がある

サービスロボットなら、
こんなことができます。

01
院内の清掃

ロビーや廊下だけでなく、病室や手術室などの重要な場所を効率的に清掃できます。また、清掃ロボットはプログラムされた経路に従って自動的に動作するため、大きな施設や複雑な環境でも、迅速かつ効果的に清掃作業を行えます。清掃スタッフの増員なしで安心して来院できる清潔な施設の維持ができるでしょう。

02
検体や医療品などの運搬・配送

カルテや医療品などの運搬をロボットに代替することで、スタッフの負担軽減と業務効率向上に貢献します。運搬作業をロボットが担うことで生まれた時間を、患者さんとの対話や、診療・会計の準備に充てられるため、ホスピタリティの向上に役立つと期待されています。

03
食事の配膳・下げ膳

配膳・下げ膳をロボットが担うことで、一度に複数の膳を運ぶ・下げることが可能となり、効率UPに貢献できます。その際、扉付きのロボットを導入することで、衛生管理の面でより安心できるといえるでしょう。可愛らしい形状のロボットや音声機能のあるロボットは、子どもにも人気の存在になること間違いなしです。

医療機関向け ロボット導入時の
チェックポイント

清掃ロボット

配膳ロボット

RECOMMEND

医療機関向け おすすめ製品のご案内

CASE 01

特に感染対策・衛生管理を重視したい

CASE 02

院内の雰囲気を邪魔しないシンプルなデザインの機種が良い

CASE 03

子どもが多いため、人気者になるような機種にしたい

CASE 04

エレベーターとの連携をして複数階にも配送できるようにしたい

ロボットに任せて時間を捻出できる…!
業務用清掃ロボットおすすめ!

よくあるご質問

病院でサービスロボットはどのように活用されているのでしょうか?

1つに、カルテや医療品の運搬に活用されています。一人一人の患者ごとにスタッフが毎回、カルテや医療品を運ぶと、効率が悪く負担も大きくあります。ロボットが代替えすることでスムーズな配送を実現しています。2つ目に、料理の運搬・下げ膳です。複数の部屋・テーブルに料理を運ぶ・皿を回収する機会にロボットを活用することで、効率UPが期待されます。

衛生面を重視する場合におすすめの機種を教えてください。

衛生面を重視される場合にはW3やSwiftBotのような扉付きのロボットがおすすめです。また、できる限りボタンに触れる機会を減らしたいという目的で、ものの受け取りを感知して自動で元の場所に帰還する、T8やT5 Pro、非接触操作ができるHolaBotがおすすめです。

患者さんにぶつかったりしないか心配です。

人や障害物は避けるように設計されておりますのでご安心ください。人が多い道は通らないように設定するなどルート調整も可能です。

CONTACT

お客様のお悩みを無料相談でお聞かせください。
最適なプランニングをご提案します。